アイプチと二重整形はどちらが良い?

アイプチと二重整形はどう違う?二重整形に行くのがおすすめ!

アイプチやアイテープがうまくいかず、どうしたらいいの?
だけど二重になりたい!

そんなときに二重整形を検索した方も少なくないのではないでしょうか…?
アイプチと二重整形のどちらがいいのかを今回は紹介したいと思います。

アイプチのメリット


アイプチのメリットをご紹介します。

簡単に二重ができる!

アイプチは誰でも簡単に二重が作れる!
目を閉じて二重の理想のラインをアイプチでなぞり、乾燥させて目を開ければ簡単に二重が作れちゃうのがアイプチのベストポイントです!

アイプチは二重整形に比べて安い!

アイプチは100均のものから高いものまでありますが、高いものでも3,000円くらいがほとんど!
二重整形の場合は安くて7,000円前後が多いです!
どちらが安く手軽でいいかと言われるとアイプチだと思います。

汗や水に強いウォータープルーフタイプのアイプチで長時間キープ!

アイプチでは汗に強いウォータープルーフタイプのアイプチもあります。
最近ではプールに入ってもアイプチが落ちないという超強力な粘着力を持った商品も販売しています!
一回購入されてみるのもおすすめです♪
アイプチの種類や作り方・アイプチメイクに関する記事はコチラをクリック↓

アイプチのデメリット


これだけ聞くと二重整形を比較するまでもなく、アイプチが良いのでは…?
と思う方もいるのではないかと思います。
しかし、アイプチにもデメリットは多くあります。
今回はそれをご紹介したいと思います。

人によっては二重にならない!

まぶたに脂肪が多い人・むくみやすい人は、アイプチをしても二重にならないんです。
アイプチを塗った始めは理想の二重を手に入れることができるのですが、しばらくするとアイプチが取れて一重に戻っていた…!
なんてこともアイプチの塗り方や、まぶたの脂肪・むくみに問題があります。

アイプチはその都度化粧をしなければならない…!

アイプチをするとその都度化粧をしなければならないんです!
目元を化粧するのは当たり前なのでは…?
そう思う方もいらっしゃると思います。

しかし、アイプチは長時間たつと取れてしまうことが多いのです。
そんな時はアイプチののりをとり、もう一回アイプチをして化粧をやらなければならない…!
しかも周りの人が近くにいるお手洗いなどでやらなければならない可能性がありますよね?
それは避けたいことだと思います。アイプチをしているなんてばれたくないですからね…!

アイプチしているとばれる可能性が…!

アイプチをしていて変なツッパリができたり、時間がたって、のりが白くなってくることなど経験したことはありませんか?
アイプチが不自然になってくると、まぶたを閉じたときや、近くで人と話しているときに、直接言われていなくても、
(あれ…この人アイプチを使用している!?)
など気づかれていることがあります。
せっかく二重になったのにアイプチしていると気づかれるのは嫌ですよね…

長期で使うと肌荒れ・かぶれが…!

アイプチは長時間使用すると、皮膚が伸びてきたり、肌がかぶれてきたりすることがあるんです…!
これを放っておくと、皮膚がどんどん赤く腫れ、アイプチをつけてもすぐ一重に戻ってしまうことがあるんです!
アイプチにより肌が荒れる原因は主に、アイプチに含まれているゴムラテックスという成分です。
ゴムラテックスとは天然ゴムのことで、ゴムアレルギーにより肌が荒れるんですね…!
ゴムラテックスが入ってないアイプチは主にウォータープルーフタイプのアイプチや夜用アイプチに多いです!
購入の際は成分を見て注意しましょう!
アイプチおすすめ総合ランキング20選はコチラをクリック↓

二重整形のメリット


それではアイプチのメリットもデメリットもわかったところで、今回の話題、二重整形についてご紹介したいと思います。

二重整形は意外と簡単!10分で済んでしまう!

二重整形ってそんなに簡単にできてしまうの…?
そんな風に思う方もいらっしゃると思います!
実際ホントに簡単に二重整形はできちゃうんです!
二重整形に関しては後日もっと詳しい記事を掲載するので乞うご期待★

一度二重整形をしたらずっとぱっちり二重のまま!

10分整形を我慢するだけで、そのあとは化粧で必死にアイプチを隠すなどしなくてよいのが素敵ですよね!
時間も大幅に短縮できる点が大きいです!

二重整形のデメリット


では、整形のメリットもわかったところで、二重整形のデメリットとはどのようなものがあるのか説明したいと思います。

理想の二重とちがう二重になってしまった!

せっかく二重整形をしたのに思ったのとちがう二重になってしまった!
実際にあるんです…!

しかし、
これを予防するための策はもちろんあります。
思い通りの二重にならなかったほとんどの人が、医者とのカウンセリングを細かにしていなかったなどがあります!
自分の今後のことにも繋がることなので、手術前は十分な医者との話し合いが必要不可欠です!

二重プチ整形は何が人気?‐埋没法

二重整形で人気があるのは埋没法です!
上でも述べましたが、手術時間は5~10分程度と短く、術後に現れるまぶたの腫れなどの症状が落ち着くまでのダウンタイムも短いのが特徴です。

埋没法はメスを使わず、まぶたの皮膚を糸で縫い止めて理想の二重ラインを作ります!
※注意
まぶたの脂肪の量が多い方は、脂肪の重みで重い場合があるので他の手術法がおすすめかも…?
お医者様にご相談されることをおすすめします。

切開法もおすすめ!

二重整形には埋没法のほかにも有名なものとして切開法があります。
切開法は大きく分けて、全切開法・ミニ切開法・部分切開法(目頭・目尻)の3つがあります。
皮膚を切開して縫い合わせて二重ラインを形成するので、糸が取れる心配はないんです!
埋没法よりコストも手術時間もかかる場合がありますが、ほぼ永久的に理想のぱっちり二重を手に入れることができるのでおすすめです!

まとめ

アイプチは誰でも簡単に二重が作れる!

アイプチは長期で使うと肌荒れ・放っておくと二重にならなくなることも…

汗や水に強いウォータープルーフタイプのアイプチや夜用アイプチで長時間二重をきれいにキープ!

二重整形の際は医者との密な相談が理想の二重ラインを手に入れるカギ

プチ整形の埋没法は短時間でできて簡単!

切開法はほぼ永久的にぱっちり二重が作れる